Futureしずおか タブロイド 2019.07
10/24

jobmy OJTで丁寧に指導来に向かって、失新入社員研修と敗を恐れず力量が問われる作業管理は達成感もひとしお未積極戦。現場力と対応力で未来を支える人材に的に挑生まれ育った地元の会社で、現場仕事に就きたいと考えていました。当社を見学した際、繁忙期にもかかわらず、とても丁寧に対応していただき入社を決意。約1ヶ月半の新入社員研修では、会社全体のことを学んだり、倉庫見学に行ったりしました。その後、先輩の下OJTで仕事を覚えました。入社して最初に任されたのは、手作業で荷物を仕分けたり、指定場所に積んだりする仕事。20人ほどいるパート社員のほとんどが年上の方で戸惑いましたが、積極的にコミュニケーションを図りました。入社後1年半ほどで、フォークリフトを使った作業や、パート社員をまとめ、作業を管理する仕事を任されるようになりました。ライン作業を効率良く進めるためには、各自の性格や作業スピードを踏まえ役割を考える必要があります。管理者の力量が問われますが、適確な作業計画で残業を回避できた時は達成感が得られます。時に失敗もありますが、そこに教訓があれば成長につながります。各倉庫には作業員を統括する「作業長」がいます。私が働く倉庫では、その役割を4グループのリーダーが持ち回りで行い、現在は私が担当しています。これは全体を見渡す立場の経験を積ませるための仕組みで、現場力や臨機応変に対応する力を養えます。これからも、失敗を恐れず挑戦を続け、当社の未来を支える人材になれるよう仕事に邁進します。待っている。続ければ良い結果が地元清水の高校を卒業後、当社に入社。25歳で結婚し、現在2人の子供の父として奮闘中。物流センター作業員パワーフレーズ部活動のバスケットに熱中しました。小学生の頃から続けていて、中学・高校では県大会にも出場。高校3年でキャプテンを任され、チームのまとめ役に徹した事がコミュニケーションスキルの向上に繋がりました。逃げ出したくなるほど過酷な、体育館での真夏や真冬の練習に、死に物狂いで励んだ経験が、精神的・肉体的に自分を鍛えてくれました。*高校時代に力を注いだこと現在、働いている倉庫では、ホビーメーカー様や電化製品メーカー様のお荷物を主に扱っています。お客様のお荷物をお預かりし、国内外に出荷するのが仕事です。フォークリフトを使って、入荷した荷物を保管したり、出荷する商品を選んで出荷の準備をしたりといった作業を行います。また、倉庫内で働くパート社員の役割分担を考えたり、1日の作業計画を立てたりもします。当社では年に2回、全従業員を集めて「改善提案コンテスト」を実施します。私のチームは、荷物を楽に移動させるアイデアで前回の最優秀改善提案に選ばれました。この経験を励みに、これからも「常に考え、先を見越して自分から積極的に動く」という姿勢で業務に取り組みます。和田 翔 さん〜清水工業高校出身〜(現・科学技術高校)清和海運 株式会社□本社/〒422-8061 静岡市駿河区森下町1-35 静岡MYタワー3F □連絡先/TEL.054-288-2741 □ホームページ/https://www.seiwa-kaiun.co.jp/何事も諦めず

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る